仕事が忙しい男性が彼女に言ってほしくない言葉はこれ!NGワードですよ!

絶対に言ってはダメです。
NGワードです。
名前を言ってはいけないあの人です。

「私と仕事どっちが大事なの!?」というフレーズ!

彼を癒せる貴方になる

ドキッとする入りをしてみました。こんにちわ、ゆな子です。
でもそれぐらい言ってはダメなんです。

そもそもこの言葉を言ってしまう状況がとってもマズイ状況だから。

きっとこの言葉を言ってしまう状況というのは、彼が構ってくれないだとか、いつも忙しがって会ってくれない時とか、メールの返信がない時だと思います。
ふつう忙しい時、疲れている時ほど彼は彼女に会いたがるものですよ。

癒しを求めて!

だからこの言葉を言ってしまいたい時は彼をちゃんと癒してあげる存在かどうか自分を律してください。

彼にだけ「仕事もして!私も構って!」
なんて全てを要求してはダメです。
自分を変えましょう。

仕事が大事に決まってる

上記に彼への要求として「仕事もして!私も構って!」と書きましたが、

仕事も勿論して欲しいですよね??

「私を構って!」だけじゃないと思うんです。仕事も出来る忙しい彼が私のために時間を作ってくれるから愛を感じることが出来ると思うんです、私たち女性は。

極端な話、彼氏ニートとか、嫌でしょ?

男性側だってそんなこと解ってます。
もはやDNAレベルで
男性がマンモスを狩る仕事をしてたから人類が今まで存続していること、
男性が女性にプレゼントするために文明を発達させてきたこと、解ってます。

遺伝子レベルで仕事が大事ですよ、男性は。
お願いだから仕事がアイデンティティの男性から存在意義を奪おうとしないでください。

働いているのは貴女のため

男性が女性にプレゼントするために~と上でも出ましたが、
彼からプレゼントを貰ったことはありませんか?食事をごちそうして貰ったことは?

それ、彼が仕事を頑張って得たお金ですよ!

それを思えば「仕事と私どっちが大事なの」なんてとても言えないですよね。

男性にしてみたら「仕事」と「貴女」を天秤にかけているわけではなくて

「貴女」を幸せにするための「仕事」ですよ。
全然次元が違う2つです。

貴女の為に働いているのにそんなこと言ったらかわいそう。それは彼も怒りますよ。

恋愛テクニックで逆転劇

偉そうなこと言っている私も、その言葉を言ってしまいたい状況だったことがあります。

「花火に連れて行って」と言ったら、「仕事が忙しい」と言われて独りで行きました。花火を見て独り暗闇に紛れて泣きました。凄く綺麗な花火だったことが逆に切なくて、苦い思い出です;

「忙しい」と言われた時点で彼を癒してあげられてないダメダメな女だったんですよね。
その証拠にその後すぐに別れが訪れました。そして復縁工作へ・・・という流れです。

ですがしかし!要所要所で書いているとおり、彼に追われての復縁を果たしました!

結婚前のデートでは食事をごちそうして貰った上に「来週の仕事も頑張れる。会ってくれてありがとう。」と言われるまでに。

テクニックを実践すれば彼が変わります。彼が変わるからますますテクニックを余裕を持って実践できます。貴女自身の中身が変わります。
形から入るの大賛成です。

まずはNGワードを「言わない」ことから始めましょう。

「する」よりも「しない」ことの方が簡単ですからね。
出来ることから始めていきましょう。

癒しを与えたい「する」テクニックはこちらから

男性が彼女から本当に欲しいものはこの2つ。居心地の良さをプレゼントする具体的テクニック